証券会社を比較する際は重視する点を明確にする

株式や債券、投資信託などの取引をするには一部の例外を除いて実質的に証券会社の証券総合口座が必要になります。

大手の証券会社から、中小の会社、ネット証券まで様々な選択肢があります。


手数料で比較すればネット証券が有利になることがほとんどです。

株式であれば約定金額に応じて約定ごとに手数料が決まっているものが一般的ですが、毎日の取引が多い方などは一日の約定代金の総額で手数料が決まる料金体系のあるネット証券を選ぶのが有利になります。
また、信用取引の場合は現物取引と比較して手数料が安くなっている場合が多いです。



株式に関してはほぼどこでも国内全銘柄の取引ができますが、投資信託の場合は取り扱い会社が決まっています。


購入時手数料の無料のノーロード型を選びたいとか、特定の投資信託が買いたいという場合は取り扱いのある会社を選ばないといけません。

投資信託の取り扱い銘柄数も比較の重要な要素です。



営業マンと窓口で話しながらだったり、電話で注文などとなってくると、大手などの店舗型でないといけなくなってきます。

ネット証券と比べると手数料は割高になってきますが、パソコンや携帯電話などで操作するのに抵抗がある場合や、人と話して取引したい方などにはお勧めです。
なお、証券会社ではありませんが、債券と一部の投資信託のみの取引のみであれば銀行、信託銀行、信用金庫なども利用できます。



こちらは銀行業が本業なので、振込や口座振替などに使っている店舗で投資信託などの取引ができるという意味では便利なのですが、証券会社と比べると債権は国債のみであったり、投資信託は限られた銘柄のみであったりという欠点もありますのでご注意ください。